Business Advisory firm focusing on company setup in Thailand, including BOI application, Thai limited, Immigration and labor consulting.

支店セットアップ

支店セットアップ

外国企業は、彼らはタイの完全ローカルプレゼンスを確立する必要はありません。つまり、支店を通じてタイの特定の業務を遂行することができる。支店は親会社の一部であり、親会社は支店の行動のための法的責任を保持します。でも、親会社の一部であるにもかかわらず、支店の国内事業では、タイの法律を遵守する必要があります。

外国の本社は、少なくとも一つの支店のマネージャーに対してタイでの事業を担当するように任命しなければなりません。支社の事業活動は、特別な登録を必要とする法律の範囲に分類されない限り、特別な登録要件はありません。もし、そうであれば登録要件は開始前に満たされなければならない。

税務目的のために、支店は支店がタイの事業から生ずる所得に法人税の対象となることを意味する法人と同様に課税されます。それはタイの税にかけられる収入を構成するものを事前に明確にすることが重要である。支店はコーポレート納税者カードと付加価値税の証明書を申請する必要があります。

外国人事業法で指定された事業領域で動作するために、支店のオフィスでは、外国人事業ライセンスを取得する必要があります。外国人事業ライセンスを得るために、支店は、外国人事業法(例えば最低資本要件など)に概説され要件を全て満たす必要があります。

contact us

 

Stein Advisors ©