Business Advisory firm focusing on company setup in Thailand, including BOI application, Thai limited, Immigration and labor consulting.

駐在員事務所の設立

駐在員事務所の設立

駐在員事務所は、外国でその関連会社やグループ会社、本社のみにサービスを提供する外資系企業の海外子会社である。それは、本社の非収入発生補助金であることを意味します。本社は、駐在員事務所の経費を満たすために資金の送金に期待されています。

支店の特徴

外資系の場合、外国人事業法の規則が適用されます。駐在員事務所は、外国人事業法に添付リスト3に記載されている “その他のサービスビジネス”カテゴリ(21)の下で動作しています。したがって、外国人事業委員会の承認を得て、事業開発部門の局長の許可が駐在員事務所を開設するために必要です。許可を得るために、次の3つの特性を持っている必要があります

  1. 完全に外国の法律に基づいて設立法人のみ外国に本社、関連会社や他のグループ企業にサービスを提供することを目的にタイ王国に駐在員事務所を開く
  2. 駐在員事務所は、本社からの支援資金(駐在員事務所は、本社サービスを直結するかもしれない経費など)以外から、サービスからの収入なしで、上記の内部クライアントへのサービスをレンダリング
  3. 駐在員事務所は、発注書を受け取るか、または発行する権限を持っていない、または任意の他の当事者とのビジネスを行うために、どうか、自然人または法人

法律は、駐在員事務所が提供するサービスは、厳密には本社と次のカテゴリ、関連会社またはこれらのサービスの唯一の受益者であること、他のグループ会社の一つ以上に分類されている必要があります:

  • 企業の商品や製品についての情報の流通
  • 配布が助言.
  • 国内ソーシングサービス
  • タイで調達製品の品質管理
  • 市場観測

課税

駐在員事務所は、本社、関連会社や他のグループ会社以外の者に商品やサービスの売買に従事していない。また駐在員事務所は、タイでの課税の対象にはなりません。しかし、それでも彼らは、法人税法の識別番号を取得し、歳入局と事業開発部門への所得税申告書と監査済み財務諸表を提出する必要があります。駐在員事務所は任意の種類の所得獲得活動に従事する必要があり、それは技術的に許諾されたライセンスの条件に違反し、タイでは課税の対象となります。

必要条件

駐在員事務所は、外国人事業委員会の承認を得て事業開発省の局長の許可を得る必要があります。このような許可を得るために、次の条件が満たされる必要があります:

  • 追加融資は、駐在員事務所の資金を調達するために使用されている場合、これらの総量は送金の7倍以上総資本であってはならない
  • 駐在員事務所を実行している人の少なくとも一人は、タイでの住居を持っている必要があります
  • 財務諸表は、毎年、事業開発局に提出する必要があります
  • 職員が問い合わせるたびに、許可された事業運営に関連する文書を提供しなければなりません

駐在員事務所を登録するのに2,000タイバーツの申請料が必要です。また、20,000タイバーツと最大25万タイバーツの内、最小限の登録資本金の1,000タイバーツの5タイバーツに等しい登録料を納付する必要があります。

contact us

 

Stein Advisors ©